2017-03-05

メタルキャタライザーによるエンジン警告灯点灯の対策

サードのメタルキャタライザーを2011年式以降の車両に取り付けるとエンジン警告灯が点灯すると言う症状ですが、対策したところ、点灯しなくなったのでやり方を書く事にします。

お約束ですが、自己責任で。これでトラブルが起きても私は一切責任を負いません。

対策としてOpenECUを用いて書き換えると言う方法があり、エボフォーラムにて情報収集してみると、以下のようにやればいいようだ。

これ見て分からない方はショップへ依頼しましょう。

その1
2012年式Ralliartのアドレスです。
DTC P0139のデフォルト値 enabled
DTC P0140のデフォルト値 1500
それ以外の数値ならアドレスが合っていません。
その2
これはデフォルトで定義されてるので手間が省けました。

これは本来、ランエボX(CZ4A)での対策方法ですが、ギャランフォルティス(CX4A)でも行けました。

数百キロ走行しましたが、警告灯はついてません。
無効にさせているんだから当然なのですが・・・

純正マフラーのタイコを切開!

ギャランフォルティス CY4Aの純正マフラーがアブガレで1480円と破格の値で販売されていて、しかも家から約30Km離れたところと言う事で直接買いに行った。 ゲットしたCY4A純正マフラー \1480ナリ。 これを・・・・ サンダーでカットと。 中身は...