2017-06-05

クスコのパワーブレース取り付けの手直し

2012.12.29にブログで書いたフロントメンバーとボディ結合の剛性UP!の件だが、後部の取り付け方法に疑問があったのだが、先送りにしてたのであれよあれよと5年近く経過w

なにが疑問だったのかと言うと、これ。

取り付けた事のある方ならこれがどのパーツか分かると思います。
こんな感じに変形するので、ただ単に付いているだけって感じだと思う。

実際の取り付け状態を再現。
これじゃフレームとブレースをしっかりと固定する事が出来ないでしょう。
取り付けてる方は一度外して確認してみた方がいいかも知れません。

初めて取り付けた時からこんなに薄くてしっかりとフレームとブレースを固定する事が出来るのか?と疑問に思ってたんですよ。
でもまぁ、後回しにしてた訳で。
中華製TIG溶接機を買ったと言う事もあって、手直しをする事にした。

t5mm 50mm幅のフラットバーからバンドソーで切り出し。

切り出した鉄片に11mmの穴を空け、M10 P1.25のナットを
TIG溶接機で溶接固定。

車体下部へ恒久的に固定されるものなので塗装はしっかりとしておいた。
あとは、クスコのフロントメンバーブレースに添付されている固定ステーと置き換えますが、スペーサーの内径をM10ボルトが入るようφ11mmに拡大加工も忘れずにやっておきます。
使用したボルトは純正同様のクロメートメッキが施されているM10×30 P1.25のフランジボルトとした。

このように手直しする事でフロントメンバーブレースの真価が発揮出来るようになったと言えるだろう。
体感出来るかどうかは現時点ではタイヤを鳴らすようなコーナリングをしてないので、まだ分からない。もしかしたら自己満足で終わるかも知れない・・・w


2017-06-03

ランエボタワーバー取り付けにあたって

CZ4Aランエボ純正のタワーバーが安く手に入ったので、取り付けた訳だが・・・

ギャランフォルティスに取り付けるとこんな感じで
本来の性能が生かせない状態になる・・・

と言うのも、カウルトップと言う部品がCZ4AとCX4Aとでは違うんですね。
CZ4Aのにはタワーバーと連結するステーがついているんですが、CX4Aのにはついてません。
もちろん、CZ4A用カウルトップを注文して取り付ければいいのですが、部品代が14000円ぐらいしますし、中華製TIG溶接機が手元にあるので溶接で作ってしまえ。と言う事で自作する事にしました。

t2.3mmの鉄板を切り出して穴開けとかしてみる。

TIG溶接機でナットを溶接。

カウルトップ上部の樹脂パーツを外したところ。
ワイパーモーター一式がありますが、これも外します。

ワイパー一式を外したとこ。
これでようやくカウルトップが外せます。

カウルトップのステー取り付け部の塗装を剥がすため、外したとこ。

カウルトップの塗装を剥がして再度取り付け、ステーを仮合わせ。

さて、これから仮固定。
その後、カウルトップをまた外して本溶接します。
溶接技術はあんまし、なので写真は勘弁!

裏側はしっかりと溶接。その後つや消しブラックで塗装。

一枚のステーを溶接だと弱そうなので、こんな感じで
約1cm幅の鉄板を補強として入れました。
引っ張ったり曲げたりしてもビクともしません。

ワイパー一式やカウルトップカバーなどを復元して終了。

で、これによる体感ですが、町乗りレベルではま~~っったく体感出来ません(笑)
タイヤが鳴くようなコーナリングであれば体感出来るかも知れませんが、まぁ・・・ランエボのタワーバーを有効に活用出来る。と言う自己満足な加工チューンになります(笑)

2017-03-05

メタルキャタライザーによるエンジン警告灯点灯の対策

サードのメタルキャタライザーを2011年式以降の車両に取り付けるとエンジン警告灯が点灯すると言う症状ですが、対策したところ、点灯しなくなったのでやり方を書く事にします。

お約束ですが、自己責任で。これでトラブルが起きても私は一切責任を負いません。

対策としてOpenECUを用いて書き換えると言う方法があり、エボフォーラムにて情報収集してみると、以下のようにやればいいようだ。

これ見て分からない方はショップへ依頼しましょう。

その1
2012年式Ralliartのアドレスです。
DTC P0139のデフォルト値 enabled
DTC P0140のデフォルト値 1500
それ以外の数値ならアドレスが合っていません。
その2
これはデフォルトで定義されてるので手間が省けました。

これは本来、ランエボX(CZ4A)での対策方法ですが、ギャランフォルティス(CX4A)でも行けました。

数百キロ走行しましたが、警告灯はついてません。
無効にさせているんだから当然なのですが・・・

2017-02-21

SARD メタルキャタライザー装着

以前から気になってたメタルキャタライザーがヤフオクで手頃な金額で即決出品されていたので、思わずポチッと。

SARD CZ4A MT用メタルキャタライザー
CZ4A用のSARDメタルキャタライザーで、MT用のもの、ガス検書類がないものだった。
だから手頃な金額だったんでしょうね。そもそも、CX4Aに適合するメタルキャタライザーは現時点では存在しないのでCZ4A用のを流用するしかない。

取り付けはポン付けで行けます。
中古で買ったのでガスケットが付属しておらず、ジュランの70φガスケット、M10×35のフランジボルト&ナットを別途用意。

件のメタルキャタライザーにはO2センサーがついていたのですが、これは外す事が出来なかったため、そのまま出品されたようです。

O2センサーのナット部を見ると潤滑剤、格闘の跡が・・・

取りあえず、ガスバーナーで赤くなるまで炙ったあと、一気に緩めるとあっさりと緩んだ。

メタルキャタライザーの中を見るとセルの密度が粗く、向こう側が透けて見えるw

で、取り付けにあたって、まず純正触媒を外しますが、6万キロ走ってるし、その間一切触ってないO2センサーは固着してるだろうと思ってそれなりの機材を揃えてトライしたんですが、あっさりと緩みましたw

拍子抜けするほどあっさり緩んだO2センサー
トラブルなく純正触媒を外し、メタルキャタライザーを取り付け。

しかし、O2センサーの取り付け位置が純正とは逆位置にあるため、センサーコードが余る状態に。このままだとぶらぶらした状態で接触する恐れが。

遮熱板と車体の隙間に押し込むのは気分的に抵抗があったのでL字ステーを強力両面テープ+強力接着剤で車体に固定し、タイラップにて固定する事にしました。

こんな感じでセンサーコードを固定。
装着し、エンジンをかけてみたところ、アイドリング状態で元気のある音量だな、と感じる。
走行してみると、排気音が太くなった。いかにもイジってます。と言う感じだ。
踏んでみる。高回転域でのレスポンスがはっきりと変わってる。
コンビニに停めて排気ガスの匂いを嗅いでみると・・・少々かぐわしい香りが・・・w

これで排気系チューンは終わり。

で、難点が・・・

2011年式以降の車両にメタルキャタライザーを装着するとエンジン警告灯が点灯すると言われていますが、この件について一言。

はい、ウチのも警告灯が点きましたw

いくら気のせいだと思ってもしっかりと存在する警告灯・・・

これに関しては、対策を行い、点灯しないかどうか確認中。
数百キロ走って点灯しないのを確認出来れば手順をアップしますね。

↓ 2017.03.05 追記 ↓
点灯しない事が確認出来たので 対策方法 をアップしました。

クスコのパワーブレース取り付けの手直し

2012.12.29にブログで書いた フロントメンバーとボディ結合の剛性UP! の件だが、後部の取り付け方法に疑問があったのだが、先送りにしてたのであれよあれよと5年近く経過w なにが疑問だったのかと言うと、これ。 取り付けた事のある方ならこれがどのパーツか分かると思...