2016-04-17

BCNR33ブレンボキャリパーの仮合わせ

今日、タイヤのローテーションを行い、そのついでにワークの18インチホイールとBCNR33用フロントキャリパーの組み合わせで干渉しないかどうか確認する事にしてみた。

キャリパーとローターのセンターが合っているかどうかも確認してみたかったしね。

やってみたところ、ギャランフォルティスにBCNR33キャリパー+V36クーペφ355ローターを取り付けるのはキャリパーセンターを合わせれば可能と言う事が分かりました。
キャリパーとローター外周部とのクリアランスは問題ない。

ECR33キャリパーとRX350ローター外周部は純正状態だと干渉するのでキャリパー側を削る必要があったが、今回の組み合わせではキャリパーの加工は必要ないようだ。

キャリパーとローターのセンター合わせはグローバルのキャリパーブラケットとキャリパーの間にワッシャーを複数枚かます事で行けそう。

さすがにこのままにしておく度胸はないんで、センターを出した後サイズを計測し、特注でスペーサー作成し、入れ替える事になるでしょう。


V36クーペφ355ローターをつけたとこ。
15mmワイトレで押さえつけてます。
オフセット+47のホイールだと干渉するので15mm外側に出してます。

ハブボルトは純正のままなのでこのままではホイールが付きませんw
仮合わせなのでこれでいいのだ。
後日、20mmロングハブボルトへ打ち替える予定。

ブレンボをつけてみたとこ。普通に収まってます。

ホイールとは干渉せず。
これで取り付けられる事が分かったので、段取りを進める事が出来ます。


0 件のコメント:

コメントを投稿

クスコのパワーブレース取り付けの手直し

2012.12.29にブログで書いた フロントメンバーとボディ結合の剛性UP! の件だが、後部の取り付け方法に疑問があったのだが、先送りにしてたのであれよあれよと5年近く経過w なにが疑問だったのかと言うと、これ。 取り付けた事のある方ならこれがどのパーツか分かると思...