2016-04-30

BCNR33キャリパー+φ355ローター取り付け

いきなりですが、BCNR33のフロント用ブレンボキャリパーとV36クーペスカイライン用φ355mmローターを取り付けた状態の画像。



取り付けを考えている方は自己責任の元で参考にして下さいね。


必要となるものはグローバル製のECR33キャリパー取り付け用ブラケットとブラケットとBCNR33キャリパーの間に取り付けるスペーサー。

BCNR33用キャリパーはECR33用キャリパーとピッチが共通だが、ボルトのピッチが異なる。

BCNR33用のボルトはM12 P1.75で、強度区分は12.9あたりがいいだろう。
10.9でも大丈夫かも知れないが、精神衛生上12.9とした。

今つけてるワークのホイールのオフセットは+47で、仮合わせしたらキャリパーと干渉した。
なので15mmオフセットさせる事で実質+32とした。
キャリパーとのクリアランスは目測では5mmぐらい。
ギャランフォルティスで+32だとギリギリハミタイになるのでなんらかの対策が必要だろう。
当方はフェンダーを5mmぐらい押しだそうと考えてるが、これはまた後日ブログにアップ予定。

キャリパーとの干渉を避けるためにホイールを15mm外側にオフセット。
20mmロングハブボルトへ打ち替えるため、純正ハブボルトを撤去。

20mmロングハブボルトを打ち込んだところ。
インパクトレンチでやったから楽ちん♪

こんな感じで15mmワイトレからボルトを抜いてハブボルトにて固定。
この方法が一番安全だと思われます。

ワッシャーでどれぐらいオフセットすれば良いかテスト。
2.4mmが3つ、3mmが1つで、10.2mmであればキャリパーと
ローターとのセンターが出る事が分かりました。
ナックルとブラケット間のスペーサーはグローバルのブラケットキットに
添付されている二種類のうちの薄い方にしました。もちろん、ナックルと
ブラケットが干渉しないかどうかも確認し、干渉するなら対処します。

ワッシャーのままにしておくのは不安なんで、スペーサーを発注。
外径30mm×内径12mm×厚さ10.5mm、S45C相当で作成して
もらいました。ちなみにボルトはM12 P1.75 50mmでちょうどいい感じ。

パッドとローターの当たりはこんな感じできっちり出ています。

グローバルのブラケットとECR33キャリパーをつけた事がある方が
これを見るとおーっ!ってなると思いますw

実はグローバルのブラケットを介してECR33キャリパーを取り付けるとパッドが外側にはみ出るんですね。
なのでパッドの外周部を削り取る加工が必要になります。

BCNR33ブレンボにφ355mmローターの組み合わせだとパッドがはみ出なくなりますので、加工の手間が省けるし、精神衛生上非常にイイです(笑)

インプレは後日アップします。(まだ慣らしが済んでないので)


2016-04-17

BCNR33ブレンボキャリパーの仮合わせ

今日、タイヤのローテーションを行い、そのついでにワークの18インチホイールとBCNR33用フロントキャリパーの組み合わせで干渉しないかどうか確認する事にしてみた。

キャリパーとローターのセンターが合っているかどうかも確認してみたかったしね。

やってみたところ、ギャランフォルティスにBCNR33キャリパー+V36クーペφ355ローターを取り付けるのはキャリパーセンターを合わせれば可能と言う事が分かりました。
キャリパーとローター外周部とのクリアランスは問題ない。

ECR33キャリパーとRX350ローター外周部は純正状態だと干渉するのでキャリパー側を削る必要があったが、今回の組み合わせではキャリパーの加工は必要ないようだ。

キャリパーとローターのセンター合わせはグローバルのキャリパーブラケットとキャリパーの間にワッシャーを複数枚かます事で行けそう。

さすがにこのままにしておく度胸はないんで、センターを出した後サイズを計測し、特注でスペーサー作成し、入れ替える事になるでしょう。


V36クーペφ355ローターをつけたとこ。
15mmワイトレで押さえつけてます。
オフセット+47のホイールだと干渉するので15mm外側に出してます。

ハブボルトは純正のままなのでこのままではホイールが付きませんw
仮合わせなのでこれでいいのだ。
後日、20mmロングハブボルトへ打ち替える予定。

ブレンボをつけてみたとこ。普通に収まってます。

ホイールとは干渉せず。
これで取り付けられる事が分かったので、段取りを進める事が出来ます。


2016-04-03

V36ローターの加工

ウチのCX4Aのフロントブレーキを355mmなローターに交換すべくV36クーペスカイラインTYPESなディスクローターを入手。
このディスクのハブ径は68mmで、三菱のハブ径は69mmのため、拡大加工が必要。

と言う事で、去年レクサスRX350/450のディスクローターのセンターハブ拡大加工でお世話になった鉄工所へ加工をお願いする事にした。

V36ローターの重量は13Kg、フォルティス純正ローターは約9Kg。
4Kgも増えてるが、ストッピングパワーを考えると目をつむろう。
余裕が出来たら2ピースローターにすると言う選択肢もあるし。

V36ローター(左)とフォルティス純正ローター(右)を並べたとこ
もうデカいって分かりますねぇ。


センターハブ径を69mmへ拡大加工中。
その後面取加工をして完了。


BCNR33用ブレンボキャリパー
くたびれてたのをバリッと仕上げました。
ウレタン二液式のブラックを吹いたあと、ブレンボロゴを
貼り付け、クリヤーを吹きました。うん、綺麗だ♪

あとは、ブレンボキャリパーにオイルシール、ピストンを組み付けてO/H完了となります。

純正マフラーのタイコを切開!

ギャランフォルティス CY4Aの純正マフラーがアブガレで1480円と破格の値で販売されていて、しかも家から約30Km離れたところと言う事で直接買いに行った。 ゲットしたCY4A純正マフラー \1480ナリ。 これを・・・・ サンダーでカットと。 中身は...