2015-07-31

ブレンボキャリパー その6

ブレンボキャリパーの準備が整ったし、必要な機材、部材も用意したんで、作業開始!

しかし、炎天下での作業、40代の身には辛かったw


いきなりですが、フォルティスの純正リアローターと
ランエボXの純正リアローターを並べたとこ。
フォルティスはΦ300ですが、ランエボXのはΦ330です。

リアキャリパーを外したとこ。


この穴をΦ12.6に拡大加工します。
Φ12.5でもいいんですが、ヤフオクでΦ12.6のを落札したんでw

鉄鋼用13mmチャックドリル
この形状の方が直角に穴開けしやすいかと。

拡大加工が済み、仮合わせし、ボルトの突き出しチェック。
問題なし。なので一旦外してローターを取り付けます。
ボルトはランエボXのものを使用します。

2mmの特注スペーサーを入れます。
と言うか、これを入れないとキャリパーとローターのセンターが出ません。

取り付け完了。

リアホイールをつけたとこ。
以前のスカスカ感がなくなった。迫力あるぜ・・・・

今回の作業での注意点はリアをジャッキアップするので、フロントタイヤ両方に輪留めは必須。
あと、力を入れたりするのでウマを絶対かけましょう。自分の為です。

拡大加工ですが、当初、Φ12.1で拡大したところ、ボルトが入ったのでキャリパーを組み付けたところ、やはり垂直にドリルの刃が入ってなかったようで、少し斜めってたようです。その影響でボルトが最後まで手で締め付けられませんでした。
(このままメガネで締め込むとキャリパーに応力がかかった状態となるので望ましくない)
理想は手で最後まで締め付けられる事なので、Φ12.6で拡大加工しました。
そうすると最後まで手で締め付けられたのでキャリパーに応力がかかっていない事になります。

今回、単独作業なのでブレーキのエア抜き作業を容易化する為スピードブリーダーを取り付けましたが、これは楽でいいです。
ホース繋げてレーキペダルをパコパコ踏むだけでどんどんエアが抜けますしね。

で、インプレですが、まだアタリが出てない状況なのですが、とにかくイイです。
急制動させるとお尻が前方向へズレますw
高速域から踏み込んで驚いたのは速度が急激に落ちる事。
それでいてリアが安定してるし、つんのめるような感じが弱くなっている。
やはり、リアが力不足だったのが解消したって事かな。

あとはフロントをΦ355にしたいですねぇw

0 件のコメント:

コメントを投稿

エコキュートの配管漏れ修理

三菱電機製のエコキュートを7年前から使用していたが、ここ最近お湯の減りが早いなぁ、と思ってた。 いつもなら家族全員が入浴を終える頃にはお湯残量が2目盛りぐらいあったんですが、お湯がありません。ってなってたんですね。 沸き上げ設定をおまかせにしてるから、変な風に学習してんのか...