2014-02-23

3ポートソレノイドバルブのセッティング

5速での全開テストを色々と繰り返してやっとこさ下記のマップで落ち着いた。

お約束ですが、自己責任で!


私のクルマの設定値なので、参考程度に留めて下さいね。

あと、
Reactive Solenoid WGDC Correction Interval (High Gear Range)
Reactive Solenoid WGDC Correction Interval (Low Gear Range)
の値は2つとも1とした。(初期設定値は7)

この値(n)は、n÷10=bで、b秒間隔でWGDC修正を行うようです。
1に設定してるので0.1秒間隔でWGDC修正が行われると言う事になります。

上記のマップはノーマルマフラーで設定してるので、マフラー交換してる場合、減らす方向で設定していけばいいんじゃないかと思います。

現状では、外気温5度の環境で5速全開で加速すると1.3barまでオーバーシュートしたあと、すぐ1.2bar(2750rpm-5000rpmでの設定値)になり、高回転域(5000-7000rpm)ではブーストが落ちて行きます。(これは設定通りなのでOK)

2ポートだと1.4~1.5barまで一気にオーバーシュートしたあと、ゆっくりと1.2barまで落ちていくので、その間にノッキングが起きるとリタードされてしまって高回転域が糞詰まったようなフィールになる可能性があります。
実際、2ポートでのフル加速と3ポートでのフル加速では、3ポートの方がトルクが太い感じがします。

3ポートだとほぼ設定値通りに制御されるし、MTモードでのアクセルに連動するブースト値はとても良いです。気持ち良くって踏みすぎてしまうので燃費悪化・・・

信号発進からちょっと加速しようとアクセルを踏み込むとシュッとブーストがかかるレスポンスの良さはなんとも言えない!
大排気量のクルマってこんな感じなのかなぁ?って思うようなフィール・・・

3ポートソレノイドバルブによるブーストコントロールって、私個人的には満足です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

エコキュートの配管漏れ修理

三菱電機製のエコキュートを7年前から使用していたが、ここ最近お湯の減りが早いなぁ、と思ってた。 いつもなら家族全員が入浴を終える頃にはお湯残量が2目盛りぐらいあったんですが、お湯がありません。ってなってたんですね。 沸き上げ設定をおまかせにしてるから、変な風に学習してんのか...